≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


らびりんす

1枚の短い手紙を手に
私は迷宮に足を踏み入れた

心の目と耳を澄ませ
身体が思う方へ歩けば
まようことはないはず

あの人は 必ず、私を導いてくれる

晴れの日には、白い雲で知られてくれる
曇りの日には、分れ道に方向を示す花びらを落としてくれる
雨の日には、水たまりに描かれた手紙
そして雨音は、あの人の声
暗い夜には、何も考えなくていい
ただ、さそわれる方へ

目を閉じて






「 らびりんす 」


空を見ていたら

はらはらと 手紙

「こっちへおいで」

恋文?
いいえ。ラビリンスへの招待状


青い空の羽
手がかりは 雲の流れと形
見かけに とらわれちゃいけない
流れるままに 感じるままに

薄曇りの花
あなたがそっと置いた 道しるべ
花びら花びら スカートにのせて
ほころぶ蕾は かくしきれない私の感情

雨の音を紡ぐ手紙
あなたが落とした天のしずく
胸で感じれば 文字となる 声となる
読み取りたい 一心で

月なし夜の黒紫
くちなしの花が唯一のたより
あなたが放つ甘い香りに導かれ
目眩 夢想 熱情のまなざし


らびりんす

自然現象

確かなのは
あなた と わたし

直接 手を引かれるより
もっと艶めく感じ
私を知ってる あなた

どこまで いざなってゆくの
どこまでも 私はいくわ

愛はどこまで

官美はどこまで

終わらないで ラビリンス

らびりんす










前エントリーの詩に拍手をしてくださった優しい方々へ

拍手をありがとうございます。嬉しいです。
きっと生涯 忘れることのない恋。あの人は覚えてますよ。
きっと、同じ回数、思い出していると思います。私のあの人も。
なぜだか、そう思うんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手をありがとうございます。お名前、知りたいなぁ。とにかくありがとう♪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ


この記事へのコメント

道に迷ったらぜひ、私に聞いてください。
私は方向感覚だけはかなりしっかりしてます。の、はずです。

ところで例のねぎ、なんと、
花が枯れたのでがっかりしていましたが、
小さい種がいっぱいできていました!
うれしい!
虹博さん。

道に迷ったら・・・
では、謎をかけながら 夢を見させながら
うまく導いて下さいね。よろしく。

例のねぎ・・・
小さい種かぁ~。う~ん。
あの小さな小さな花が全て 種になったんですね?
こんな感じかなぁ。いや、あんな感じか?
来年その種が全部 根付いたら、もう、すごいやろね。
紫の花。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。