≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤い月

赤い月
中学の林間学校で伊勢に行った時
初めて見ました。
それはそれは 幻想的で。
みんな いっとき見入りました。


私だけの燃える赤い月



赤い月


あの人は
私の身体の奥深くで
静かに燃える 赤い月

今まで見たものの中で 最も
美しく 醜くく
出逢えたものの中で 一番
優しく 残酷で

赤い月の いいつたえ
月に魅入った者は 心が破れてゆく

逃れる手だてはわからず
目をそらすことはできない


あの人は 私の赤い月

声は 甘く甘く
時に 心に痛みを残す
指は なめらかにしなやかに滑り
それでいて 尖った爪を隠し持つ

赤い月のいいつたえ
月に魅入られた者は 心がちぎれてゆく

抗うことはできず
身をよじることはできない


狂っているのか 正気なのか
夢をみているのか 現実なのか

わからなくなる日まで
ただ あの人と むつびあう


よろこびの涙なのか 切なさの涙なのか
疼いているのか 快感なのか

わからなくなる日まで
ただ あの人と みつめあう


私の赤い月

私だけの

燃える月









前エントリーの詩に優しく拍手してくださった方へ

見えない「終わり」
出口が見えない、という事なんでしょうか?
『終わってしまった時、後悔が残る』
うう~ん。奥が深くて いろいろ考えています。
辛い道を歩いているのですね、もしかしたら・・・。
失礼にあたったら、ごめんなさいね。

・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

私は「まあるいお月さま」とある人から歌われた事がありましたよ。
でも、その人とはもう会えないのです。お星様になってしまわれたのでした。

今でもやはりお月様は素材になりますね。

「赤い月」へえ、写真で撮ってみたいなあ。って、外のやつね。

こちらでリンクを設置致しましたのでご確認ください。良かったら相互リンクをお願い致します。
こんばんは!

赤い月・・・。
なんだか不気味な気配が漂っていそうですね。

心の中の複雑な心境が伝わってきます。
どちらが自分の素直な感情なのかも
わからないですよね・・・。
でも、どちらも間違った感情ではない気も
します。

深く考え込めば込む程に、僕の心は
「赤い月」の言い伝え通りになってしまい
そうです。
「赤い月」の力は、この詩からも
伝わって溢れ出ているようです。

ランキングにポチっと!
ののみちゃん、こんにちは!!

午後の一休みに見させてもらってるよ。
コーヒー飲みながら・・・
赤い月は、たまに見るね。
やけに大きくてね。
これから天変地異でも起こるような言いようのない不安感を感じるの。
普段の月にはロマンを感じるのに、赤い月から連想するのは凶事だけ。

私はそこから人生などへの不安へと結びつけるんだけど、ののみちゃんはある人へとつなげるのね。
実体験か想像か(妄想ともいう)わからないけど、月には人間の脳を刺激してあふれ出させる何かがあるのね。
つい、何日か前、いいお月夜があったんだけど、その時は8年前に亡くなったたった一人の姉を思ったわ。

虹博さん。

「まあるいお月さま」と・・・。
その方にとって、虹博さんは「まあるいお月さま」
自然と優しい気持ちになる表現ですね。
もう会えないのですね。
その方は お星様で、虹博さんは まあるいお月さまで・・・。


はい。まるい月、三日月、赤い月。
月を見上げると、不思議といろんな思いがこみあげてきたり
浮ついていた気持ちが静まったり。
そこから詩が生まれたり。

写真。いつか、虹博さんの撮った「赤い月」見れますか。

私の中の赤い月は、すごいですよぉぉ。
ふふ。

リンクの件 ありがとうございます。
相互リンク貼らせていただきます。
虹博さんの写真と詩、文章、楽しみにとんで行きますね。




暁森 窓幻 さん。
こんばんは~。

赤い月。ええ。幻想的でいて、たしかに不気味でした。
伊勢という初めて行った地で集団で見た
見た事も聞いた事もなかった赤い月。
中学生の私には それはそれはインパクト大きくって!


『心の中の複雑な心境が伝わってきます。』
それ、なんです。
赤い月を見て幻想的だと感じたのに
ひと呼吸おいてみると、不気味だったりする。
「あの人」の中にも両極端な二面性があり
どちらも愛する私。
あくまで、極端に つきつめて考えた時だけですが。

『僕の心は 「赤い月」の言い伝え通りになってしまいそうです。』
もしかしたら、 暁森 窓幻 さんは「私」になって
読んでくれたんですか。
だったら、すごく嬉しいなぁ。
よっし。 私も そういうの、試してみますね。

あら。
暁森 窓幻 さんの「黒」に触発されたり
なりきること 真似したり・・・
こんなのばっかりだな。

「赤い月」の力、この詩の事
そんなふうに言ってくれて、嬉しいです。




ホワちゃん。
ホワちゃん、元気一杯の挨拶やなぁ。
こちらは今、深夜やけど・・・は~い♪こんばんは。

昨日に続き、頑張ってたんやね。
『午後の一休みに・・・』とか聞くとね
私も、同じように頑張ってるよ~って、ちょっと嬉しくなる。

ちなみにコーヒーはブラック?砂糖は?ミルクは?
私はミルクだけたっぷり。
本物よりインスタントが好きやねん。


赤い月、たまに見る?!・・・う~ん。それって、すごいよ。
見た事 ない人いる中で、たまに見るホワちゃん。
きれいな心で 夜空を見上げてるからやね。

『赤い月から連想するのは凶事だけ。』
私は、まだまだ赤い月を見た回数も少なく
赤い月が 一体なんなのか わかってもいない。かも?

だからこそ幻想的にみえるのかなぁ。

『実体験か想像か(妄想ともいう)わからないけど』
実体験です♪

ホワちゃん、お姉さんがいらしたの。
ホワちゃんのイメージが、少しずつ、形を作っていくよ♪
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。