≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ちいさなくつ

5月20日、今日の、昼下がり
昨日と今日は2連休
少しの家事と 好きなことをして過ごそう


愛と青空と



ちいさなくつ


くつを6足洗おう
手のひらにのる小さなくつ
ホースから水しぶき

ひとり目のお共は 小鳥
チュ チュ チュチュ
ふふ。応援してくれてるの?

ふたり目のお共は 義母の笑顔
小さな工場と4帖の事務所
忙しく 行ったり来たり

三人目のお共は 隣りのおばさん
「コンつめんと、のんびりやりや。」
「今日は風が強いなぁ。」

ちがうねん。おばさん。
ずるけてたから、のらくらやってたから
6足もたまってしまった

そのあと、おばさんは
私に、思いがけないヒントをくれた
小さいけれど 大きなヒント

ありがとう おばさん
おばさんが教えてくれたヒント
忘れへんよ 実行するよ

ずるけても
のらくらでも

愛、やね
愛さえあれば


明日 くつは乾くかな











前エントリーの詩に優しく拍手してくださった方々へ

あなたの心の中・・・
私の、少し前(もっと前かな?)の心情とリンクしたのかな。
恋が通り過ぎたり、色々な人やモノとめぐりあったり。
大きな失敗をしてしまったあの時は
まるで海を見渡す崖の上に立ってるようでした。

また唄、うたえるといいですね。きっと、ですね。


・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・

前々エントリーの詩に拍手してくださった方へ

もうひとつ。
私は 何らかの思いを込めて書いてますが
ここへ来ていただいた方の独自の解釈で読んで下さって
全然かまわないんです~。
なにかを感じて、なにかコメントを残してくださり
そして私もその方に何か伝える事ができる。
それが、いいんです。だから理解しづらいってコメント嬉しかったなぁ。





どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

何となく面白いですね。

妄想は徹底的にやりましょう。

空想に空想を加えて妄想へ発展させ、
どんどん妄想を突き進めて行って、
妄想なのか現実なのか
分からなくなるくらいになったら
それは芸術なのです。

でもこれはちょっと危ないです。
且つ、怖いです。
でも、楽しいです。

って事で、暴言を失礼致しました。
虹博さん。
初めまして。こんばんは。

読んで下さって、コメントくださって ありがとう。
嬉しいです。

『妄想は徹底的にやりましょう。』
はい。虹博さんのおっしゃる通り
妄想する時は徹底的にやってしまうのですが
出来上がった詩を、読むと
うわぁ~~・・・載せれないわ。と、なるんです。

『妄想なのか現実なのか』
同じ言葉描いた詩、あります!
虹博さんの意図するところと ちょっと違うようですが
それも妄想詩なので、載せてみますね。

暴言なんて、ひと言も感じませんでしたよ。

虹博さん、興味深い言葉、ありがとうございます。
また来て、妄想について、話してくださいね。

ところで、コメントいただいた日の詩は、現実的な
しかも数時間前の出来事を そのまま描いた詩です。

この詩を書いた日に、虹博さんが来て話して下さったこと
なんだか、面白いです。
「数時間前の出来事を そのまま描いた詩」
へえ、面白いアイデアですね。

でも、それって詩の一つの真髄ですよ。
現実を言葉で切り取る、これですよ。
写真も同じなんです。
見えてる世界を自分の好きなように切り取るのが写真の撮り方です。

あれ?このフレーズ数年前に誰かに言った記憶が?

というよりも何よりも、私の言葉がなんだか通じているようなので嬉しい感じです。

では暴言2でした。
虹博さん。
そうなんです。ブログの中では・・・
考えた事なかったけど、5割が今日か昨日の日記
3割が過去の出来事 、2割が夢や妄想を描いてます。
たぶん。

『現実を言葉で切り取る』
う~ん。そんな風に考えた事なかったなぁ・・・。
ただ只、日々の日記がわりに、描いてました。
また、虹博さんのお陰で、新しい発見ができそうな!

写真は 私には未知の世界です。
でも、ひとめ見て、こちら側でも
笑顔になって、ワクワクしました。
すごいですね。被写体の彼女の笑顔。
そして、その一瞬間を撮った虹博さん。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。