≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒い瞳

黒い瞳




なぜこんなにも美しいの

彼の黒い瞳をみつめるたびに

こころが脈打ち
こころが染まる

なぜこんなにも深いの

星・・・
瞳の中に星を宿しているから

光・・・
つよく眩い煌めきをはなち

影・・・
人知れず そこに生まれる影は暗くて


彼の黒い瞳をみつめるたびに

こころが震えて
こころが染まる

夢の中








前エントリーの詩に優しい拍手をしてくださったお二人へ

拍手とコメントありがとう。
曇り空はあなたを静かに優しく見守ってくれるんですね?
癒すのは青空だけだとばかり思い込んでいました。
そっか~曇り空も・・・なんやね。
知らなかったの。気づかせてくれて、ありがとう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手、ありがとうございます。
ここへ来て、私のちっぽけな日常を読んで下さってありがとう。



どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ


この記事へのコメント

こんばんは!

僕の「黒」とは違って、「澄んでいる黒」と言う
感じがします。

彼を想う心があるからこそ瞳の奥まで澄んで
見えるのかもしれませんね!
瞳の中の影を見つけたなら、それは
その影や、全てを受け入れようと思う
気持があるからだと思います。

最後の、「夢の中」と言う言葉で、順風満帆
でない恋愛や片思いの時の、相手を想う
強い気持が伝わってきて、詩全体の輝きが
増しました!

暁森 窓幻さん。
こんにちは。

暁森 窓幻さんの「黒」
とても深くて深くて静かで
なんともいえない世界 です。
上手く表現する言葉が見つかりませんが
冷たくて静かなのに
なぜかどこかに烈しさを隠しもっているような・・・。

すごく好きです。あの詩。
あの蝶と月のテンプレート
私もちょっとした思い入れがあったので
見た時、幻想的な気持ちになりました。

『最後の、「夢の中」と言う言葉・・・』
そうですか?!
いいアドバイスを ありがとう。
すごく参考になります。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。