≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三日月ブランコ

三日月ブランコ




赤い尾ひれをつけた女の子がいました

アリスの森をかけ抜けると
ブランコの草原があります
女の子たちは
みんなみんなブランコに乗って楽しそう

だけど
赤い尾ひれの女の子のブランコは今日も動かない


ある日
ねこの耳をつけた女の子がブランコをおりてきて
魔法をかけてくれました

二文字のおまじまい
幸せのことば

するとどうでしょう

錆びてきしんだ重い鉄のブランコが
三日月のブランコに 生まれかわりました


そしてまたある日
白い羽をつけた女の子がブランコをおりてきて
ニッコリ笑って背中をおしてくれました

笑顔のしるし
柔らかい手

するとどうでしょう

あんなにふんばっても動かなかったブランコが
ふぅーわふぅーわと揺れはじめました


三日月ブランコ


泣き笑いで
転んで揺れて
3人で顔を見あわせて

遠いあの星を見上げた

三日月ブランコ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






あれから時は過ぎ
星は流れました

ひらひらとしなっていた赤い尾ひれは
傷つきすり切れて千切れました

女はやせ細り年をかさねました

何年かぶりにおとずれた草原

オリオンの三つ星を見あげて
深呼吸をした

三日月ブランコ






にほんブログ村 ポエムブログへ





この記事へのコメント

この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。