≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


secret door

愛し合うことをやめたのに
鼓動がとまらない

つないだ手を放したのに
忘れられない

だったら私は
どうすればいいの






「 secret door 」





scarlet
赤い実を食べて
恋をして

secret
黒い実を口にして
虜になった

anklet
見えない足枷
誰のものだと暗喩する

violet
甘く苦い媚薬
愛苦しめあった夜々



恋するがゆえの
愚かしい過ちが

自分を見失わせて

恋心の激しさゆえの
身を切る切なさに

恋までも見失って

迷い

戸惑い

道を見失い

光さえも失い

恋の迷宮は永遠の迷宮へと



愛しすぎて
私は
こわれるの

こらえてこらえた涙を落としてしまった時
ネジもどこかへなくしてしまったみたいよ

いっそのこと
ひとおもいに、の方が良かったかしら
あなたもそれを望んでいたんだものね



あの丘で

赤い実を食べて
恋をした

黒い実を口にして
虜になった

空を仰ぎ見上げて
ひとり想う

あれは生涯いちどだけ
魔法にかかったような
そんな幻のような二人



スキ・スキ・スキって鼓動
止まらないなら
小箱の中に封じこめて

もう忘れられないなら
あなたを永遠に
童話の中に閉じこめて

secret door あけて
小箱と童話
そっところがすのよ

そして私は
日ごとの夢の果ての果てへ


secret door
永遠に開けない

secret ×××
永遠にあけない










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは!

恋すると、全て見えなくなりますね。
見えるのは相手の事だけ・・・。
でも実際は見えていなくて、だから迷い
戸惑う。
そして現実が見えなくなり理性すら
見失いそうになったり・・・。

僕も、そう言う思い出を閉じ込めています。
secret doorの中にも、心の隅にも追いや
れずに心の真ん中にあります。
僕の恋心の源のような気がするので・・・。
おっ!テンプレが変わってる。

このポエム読んでドドーンと衝撃が走ったわ!
何でか分かんないけど心にズシンときた。
誰にでもそういう想いあるのかな・・なんて。
私も閉じ込めてる思い出、想い・・・ある。

secret doorかぁ。
永遠に開けないって自分に言い聞かせてるのかもね。
開けたら溢れんばかりの想いがバーッって(笑)
絶対にあけないって思いながらも時々ノックしてる自分がいるわ。
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメ様。

> 色んな形の魔法があるけれど・・・
私もそう思います♪
相手がちがったら・・・
恋した年齢や時期が違っていたら・・・
同じ魔法はありえないと思います。

> 永久の迷宮から抜け出す方法は
> なかなか見つけられないけど

鍵コメ様のご指摘通りです~(笑)
「私」は苦しみから抜け出す方法を
見つけたのではないんですよね。





暁森 窓幻さん。

こんばんは(*^-^)ノ

> でも実際は見えていなくて、だから迷い戸惑う。
それやんね。相手が実は見えていないと気づいた時
大きな戸惑いや不安に襲われて・・・。

> そして現実が見えなくなり理性すら
> 見失いそうになったり・・・。

自分も恋すらも見失ったとき
とんでもない行動に走ったことがあります。
今となっては笑えますが。

> 心の真ん中にあります。
わ!真ん中にあるん?びっくりしたけど・・・
(*⌒ー⌒)窓幻さん、それってすごいなぁ。

> 僕の恋心の源
う~ん。今回、窓幻さんのコメントを何回も何回も読んで
いろいろ考えに考えたわ。
うまく表現できへんけど
積み重ねの大切さとか・・・ひたむきだったり・・・清々しさとか・・・
窓幻さんのそんなトコロをかいま見ました。





みぃちゃん。

> おっ!テンプレが変わってる。
ソコに喰いついてくれて あんがと!!
可愛いやんなぁ~☆このテンプレe-266
女の子だったなら、こんな風な顔やしぐさしてたときが
きっとあったんじゃなかろうかと・・・(・・・←遠い目)

> 私も閉じ込めてる思い出、想い・・・ある。
うんうん。大切な思いをリンクさせてくれてありがと。嬉しいな・・・。

> 永遠に開けないって自分に言い聞かせてるのかもね。
だな!!!
(*^□^*)アハハ。なんでそんなサラリと言い当てるん。
それがこの詩で言いたかったことです~。

> 開けたら溢れんばかりの想いがバーッって(笑)
せやせや。(笑) 開けたら最後・・・みたいな。
にしてもバーッって。バーッって(笑)

> 時々ノックしてる自分がいるわ。
( ̄ ー  ̄*)ここ、危うく吹き出しそうになった。
私もそうやから♪





鍵コメ様。

> とても情熱的な そして激しい恋心ですね
> ドキッと しました。

そうなんです。自分ではどうにも出来なくなってしまった
激しい苦しい思いを描いてみました。

> 疑問点
説明くださってありがとう(*⌒ー⌒)
ごめんなさいね。ちゃんと読み直してみます~。
あはは・・今のうちみたいにな詩だね・・・。
やっぱ小箱に封じ込めなきゃなのかな??

>黒い実を口にして
>虜になった

こうまでなったらもう・・・後は壊れてゆくだけで
周りも人も声も全て分からなくなって
おかしいって分かってても止められなくて・・・
でもこの詩はちゃんと封じ込めてんにゃね

secret door 開けたらまた始まってしまう
secret XXX 見つけ出せばまた壊れてしまう
忘れられないのなら童話にして
記憶の中に封じるか・・・
うちこの詩好きやわ・・うん。
読んでてすっごいしんどくなるけど・・好き。
何かありがとうね^^
この詩とっても素敵です。わたしこの詩すきだな~
こんな恋一度だけ有りました。まさにこんな
感じで御座いました  グシュン!
我が愛しのイブ
赤いリンゴを食べたからには
もう僕の魔法から離れられない
童話の中に閉じ込めるのは
君ではなく僕さ
僕は永遠をも支配する
そして そして 愛しい君も
・・・
愛しすぎて、壊れてしまいたいなあ!僕も…
いや、すでに壊れてますが(笑)
いつも素敵な詩をありがとう(^v^)
き、今日は開いとるやないかい・・(ーー;
竜希ちゃん。

ん?竜希ちゃん、今こんなかんじなん・・・。
( ̄ ・  ̄*)どしたん。なんかあったんかい?

> やっぱ小箱に封じ込めなきゃなのかな??
ね~。いつまでもトクントクンと泣きつづける恋心は
小箱に封じ込めでもしなくちゃ

> でもこの詩はちゃんと封じ込めてんにゃね
ん~。この「私」の頭の中の物語の中では
恋心も彼も封じ込めたけれど、実は閉じこもってしまったのは
「私」自身だったという・・・そんな感じかなぁ。( ̄ ー  ̄*)ゞ

> 忘れられないのなら童話にして
> 記憶の中に封じるか・・・

童話の中に、時間の流れや方向のない童話の中に彼を閉じ込める・・・
ちょっ!( ̄○ ̄;) めっちゃコワいやんか!
(自分で書いておいて何ですが ( ̄* ̄; )

> 読んでてすっごいしんどくなるけど・・好き。
( ̄* ̄; ) え。読んでてしんどなる?けど好き?
それは・・・それは・・・何やもうめっちゃ嬉しい言葉やなぁ(*⌒ー⌒)
詩を読んでもらって、怖いとかしんどくなるとか感じてもらえたら嬉しい~。
なかなかそういう感情って出ないもんね。
ありがとう竜希ちゃん。





リンダちゃん。

素敵って言ってくれてありがと(*⌒ー⌒)
「この詩すき」って言ってくれるなんて嬉しいなぁ。
かいた詩を好きって言ってもらえるのって ほんとないもの。
ありがとう!

> こんな恋一度だけ有りました。
あらe-415同じく私も一度だけ。
この恋・・・こんなの何回もしたら身がもたへんなぁ(笑)
でも苦しくて苦しくて壊れそうだった恋。
心のすみに・・・忘れられへんよね。





ヒロジョーさん。

> 我が愛しのイブ
> 赤いリンゴを食べたからには
> もう僕の魔法から離れられない

赤い美味しそうな実はりんごだったのかぁ~♪
黒い実は熟れてなんともいえずかぐわしい甘い香り。
( ̄ ー  ̄*)妄想しだすと止まれへんね♪

> 僕は永遠をも支配する
> そして そして 愛しい君も・・・

ええッ( ̄□ ̄;)!!
ヒロジョーさんだったら自ら童話の中へするりとすべりこみ
「私」の永遠をも支配するのん?!
いやッ(>_<) こわッッ(≧▽≦)e-414e-266←案外 喜んでいる
私はあなたを童話に閉じ込めるつもりやったけど
ヒロジョーさんには負けた~ (/- - )/ オテアゲ

> いや、すでに壊れてますが(笑)
( ̄* ̄; ) ブッ・・・ワハハハ(*^□^*)
壊れてるの自己申告ですか♪
じゃあ私もしなくては。
ヒロジョーさんこそワクワクするような素敵なコメントをありがとう!





火侍楼どの。

ごめんなさい~。(#⌒∇⌒#)ゞ
>つないだ手を放したのに
忘れられない

同じような気持で書いた詩があるので
良くわかりますね
いつまでも手の感触が残っていて
温かみを忘れる事が出来なくて
自分からそう願ったのは
愛されることの自信が少し揺らいだから・・
なのに
その思いを消す事は出来ない・・

応援☆彡
いつも訪問ありがとうございます。
雫さん。

> 同じような気持で書いた詩があるので
わ。そうなん。読みたいなぁ・・・。

> いつまでも手の感触が残っていて
> 温かみを忘れる事が出来なくて

そんな優しい感触や記憶は いつまでも忘れられないものね。

> 自分からそう願ったのは
雫さんは自らそう願ったん。私は互いに納得したつもりで・・・。
それでも結果的には一緒ですね。
その思いを消す事も昇華させることも出来ない・・

雫さん いつも応援を送ってくださりありがとう。
雫さんのおかげで少し上がってるんです~(*⌒ー⌒)
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。