≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


星の砂時計

「星の砂時計」





目をあけたまま
目を閉じてみる

細くて冷たい指で
髪の毛を優しく撫でられる悦び

好きな人が髪を結ってくれるなんて
なんて贅沢な時間なんだろう


やさしかったり
するりとかわしたり

とぎれたり
目をあわせたり
呼吸でする会話が心地よいの

しなったり
揺れてみたり
身体ごとあなたの海に浮かぶの


砂時計コトリ
星の砂がサラサラと落ちてゆくような時間の進み方
そんな空間
優しすぎるほど

ひと粒ひと粒の星が私の心に彩られてゆくかのよう
彼の手で
彼の瞳で
彼の声で

私ごと全部が満たされてゆく


恋してる










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
そう、このごろの風景とその風のやさしさに
誘われ来るような一葉の写真に描かれる溢れんばかりの
やさしい情景を見ます。

ほんの微動にこころを察して浮き沈み
こころの対話がそこにあるとは

ひとつの愛に漂うふたり・・・
きみをあなたをだけみつめる
大切って思えば思うほどに・・・何も観なくなってしまう
しずかなふたりの風景・・・

ののみさんの風景をまぶたのなかで感じてみた
蘇る夢にそのなかにのめりこむじぶんがいて

。。。しあわせを感じるそのときを一生懸命に感受すること
とてもだいじなことだなぁって・・・・
後悔にも似たささげのこしたものを夢で叶えてみた

・・・しあわせな風景、しあわせなふたり・・・
恋をしてる時にののみんの詩を読むと
うちの顔がにた~ってなる
恋してない時にののみんの詩を読むと
「早く次の恋しよ」って思う

何故か分からないけど
ののみんが書く言葉には“重み”がある
ののみんが紡いだ言葉は
うちにとってとても大切な心のcare

いつも感心してる
ののみんの文才にも想いにも
うちにはないものがいっぱい詰まっている
それはやぱり世界の広さを
ののみんの方が知ってるからだろうし
うちはまだ幼いからだろうし

ののみんと出逢ってから
うちの心ん中にあった
「文章書きたい」って心が呼吸を始めた
ののみんの小説読むたびに
何度も泣いたり何度も感心した
いつの間にか“ののみん”の存在が大きくなって
うちにとって必要な人になった

なんか長々とすいません・・・。
感謝の想いを綴ってたよ
これからも頑張ってね♪
うちも力弱いけど応援してるわ
なつさん。

前に私が青空に龍を見た詩を書いた時
なつさんは目を瞑ると言った。
私は目を開けて見ると言った。
やり方は一見、真逆なように聞こえるけど
見ているその方向は同じような気がしました。
今日もコメントを読んでいて、同じような気持ちに。

> ひとつの愛に漂うふたり・・・
そやね。まさにそうやね。
呼吸で会話するのも、身体ごと相手に預けるのも
ひとつの愛に漂っているからこそ出来ること。

> きみをあなたをだけみつめる 
> 大切って思えば思うほどに・・・何も観なくなってしまう 
> しずかなふたりの風景・・・

星砂時計をコトリと置いた瞬間から始まる
ふたりだけの ふたりきりの 甘い苦い優しい時間
風と砂の音だけがどこかで聞こえるくらい 静かな空間

> ののみさんの風景をまぶたのなかで感じてみた
私の詩をまぶたに描いてくれたん。ありがとう~!
なつさんが書いてくれた事を読んでいると、すごくゆったりと心を込めて
思い描いてくれたのがしみじみ伝わってきて嬉しかったです。

> 蘇る夢にそのなかにのめりこむじぶんがいて
なんでやろ。なんでか この、なつさんの一文が好きやわぁ。
なんとも私には魅力的な一文。

> 。。。しあわせを感じるそのときを一生懸命に感受すること
> とてもだいじなことだなぁって・・・・

この詩を書いた時は なつさんのようにそんなところまで深く考えてなかった。
でも そやなぁ。その思う相手は子供でも友達でも好きな人でも一緒やね。
こんなにも得がたい幸せな時間を共有できるなんて、ないもんね。
夢みたいなことやもんね。
竜希ちゃん。

もー (〒_〒)
いつも けなしてナンボのウチらe-414やのに
なんで今日は褒め褒めなん~ (>_<)

> にた~ってなる > 「早く次の恋しよ」って思う
恋している時。恋していない時。
竜希ちゃんはそんなふうに私の詩を読んでくれてたん。
もう・・・なんていうか・・・ありがとう。
ただ読んでくれるだけでも嬉しいのに
読んでコメントくれたらすごく嬉しいのに
それだけじゃなく、そんなふうに重ねてくれてたやなんて。
ありがとう!めっちゃ嬉しい。

竜希ちゃんはすごいなぁ。
詩を書く時だけでなく詩を読む時も、感情を重ねたり、もって行ったり。

> うちにとってとても大切な心のcare
careに激しく反応してしまった
ここ数日何回も何回も聴いているので (*^m^*) ムハッ
竜希ちゃんも聴いてるか~♪(*^ ・^)ノ⌒☆

経験とか年齢とか全然関係ないと思わせてくれるのが竜希ちゃんやよ。
フツー・・・・・竜希ちゃんの年頃の女の子は私みたいなのには話しかけへんやん(笑)

「文章書きたい」って心
うん。お互いに(*⌒ー⌒)
笑ったりちょっとだけホロリとしたり刺激し合っていけたらエエな。
午前3時、単身赴任地出雲に。
家族と別れる重い気持ちの折りに、
ご丁寧な応えをうれしく感じました。

ぼくこそ、具体的なこころの動きを列挙していただいて「びっくり」です。
久しぶりに意欲みたいなものが湧いてくるのを感じます。

ありがとう^^。
むふふ♪としか言いようが。
ほほう♪としか言いようが。
うはは♪としか言いようが。

⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

上記、いずれ話してやろうぞ☆
なつさん。

とんでもない~。なつさんこそ。
気持ちをこめて私の詩を読んでくれたこと、コメントくれたこと
すごく嬉しかったんやから。

出雲でのお仕事が順調にすすみ、またご家族と会える日に
気持ちよく飛んで帰れたらいいですね。

出雲、少しの間しかいなかったけど私の故郷でもあるんです。
アハハ(*^□^*) そんなののみ情報はいらん?

なつさん ありがとう。





出遅れた火侍狼どの。

なんなん・・・( ̄* ̄; )

むふふ♪とか、ほほう♪とか、うはは♪とか。キショクワルイ。
牛肉とかお米とか食べ物でも当たったんかな。

> 上記、いずれ話してやろうぞ☆
もったいぶらず はよ話しv-217
ののみさんにあって、私に無いものは、
表現力の素晴らしさどと言う事が良く
解った作品でした。これは、やはり
性格の違いなのかな~
表現力、観察力素晴らしいな~
夜叉姫様。

> 表現力
ないないe-464e-464
同じ言葉をくりかえし使って並べかえてるだけやわ( ̄* ̄; )

> 観察力
あっe-415観察力はあるあるあるぅ (*^o^)ノ
(↑↑ ほんまか・・・?)

あと記憶力が並外れて低いんよねv-390 えっ。これは今 関係ない?

でもやっぱりリンダちゃんに褒めてもらうと嬉しいe-266
ありがと~!
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。