≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ここに

「 ここに 」





あなたのこと

心配したりしない



もしも私が気遣ったなら

あなた
ますます闘ってしまうものね


私が不安な顔をしたなら

あなた
傷を隠すように背を向けてしまう



扱いにくくて
絶対、言いなりになんてならなくて

全てを見つめ
私を可愛らしくも震撼までもさせて

背中のトゲ
触れた私の指の血を見つめた時に

悲しい瞳で
「だから言ったろ」って笑ったあなた



あなたのこと


信じてる


ここに


私に


会いにきてくれるまで


ずっと


Saurus







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

きっと、おとこでもおんなでも、
この詩のような相手に入ってはいけない部分に気を遣ってしまうのかもしれない。
さりげない心遣い。
その距離が相手を理解して、理解しようとしている瞬間なんだよね?愛。。。って言ってもいいんだよね?
このコメントは管理人のみ閲覧できます
なつ。はんのコメ、100億点!正しくその通り!

一触即発な相手になまじの同情をかけると火の粉を被るって事
あるもんのう・・。

さりげなく気遣ってやるってのが最高なんだが
その「さりげなさ」に相手が気づいてくれん場合もあるでのう。

また逆も真なりで、遠巻きに気遣ったら気遣ったで
相手は「気にかけてくれや」みたいな(笑)
心中ってのはなかなか伝えにくいわい。。

ところで今回、初めて銀の作品に『解らん部分』が出てきた!
サウルスが解らん・・。
恐竜のような刺々しさ、寂寞感・・って事か?

=追伸=
校舎裏で料理してたらお前、逃げたな~。
オレには叶わんか。うははは♪   (`∀´)Ψヶヶヶ
そのさりげなさに気がつかないのが
鈍感な私でございます。すまん!

サウルウ、解りません、恐竜?ダイナソウー
では、ないでしょう。

人は触れてはいけない部分触れて
欲しくない部分が有るからね、
難しいですね、待っている
気持ちもわかるな~
なつさん。

> きっと、おとこでもおんなでも、
> 相手に入ってはいけない部分に気を遣ってしまうのかもしれない。

うんうん。おとこもおんなも関係ないやんね。
さりげない心遣い・・・できたらええんやけど
私の場合は衝動のまま愛した人の中へズカズカ入っていくようなとこがあって・・・
でも長い年月をかけて10センチくらいは変われたかなぁ。
(え。そう思ってるのは自分だけ?(笑)

> その距離が相手を理解して、理解しようとしている瞬間
なつさんは、きっとそうなんやね。
それを自然に実行してるんやね。
私にとって辛抱強く待つっていうことは本当に難しいことです。

うんうん。これは誰に対してでもできることではないので
愛がないと。

なつさ~ん。なつさ~ん!
も~。間があきすぎe-320
(*⌒ー⌒) たまには顔だけでも見せてください。





火侍楼どの。

> なつ。はんのコメ、100億点!正しくその通り!
うん。なつさん、この詩そのままを解釈してくれて・・・( ̄ ・  ̄*)ホォ・・・

> 一触即発な相手になまじの同情をかけると火の粉を被るって事
火の粉ならいっそのこと被りたいのに~(>_<)
情なんてかけようもんならきっと氷のように押し黙ってしまうんちゃうか。

> また逆も真なりで
> 心中ってのはなかなか伝えにくい

う~ん。なるほどなぁ~。考えつかへんかったけど、それもアリやなぁ。

> ところで今回、初めて銀の作品に『解らん部分』が出てきた
えええっ( ̄○ ̄;) 初めて?
ん~。そういえばそうかも。いや、壁カジさんはほんまそうやわ。
(完敗v-406)
詩って不明瞭な表現が多いのに。
ひとりよがりな世界でもあるのに。
なんでそんなにわかるん!

サウルス。壁カジさんの思ったまんまです。
思い浮かべるなら
ステゴサウルスの背中に刺さった硝子の破片みたいなの
恐竜やトカゲ類の背びれのトゲトゲ、イガイガみたいなの。

> =追伸=
だって呪怨&カレー祭りな煮込み料理やねんもん。
その頃
理科室で リンダちゃんと正しいさばき方を楽しんでましたe-415





鍵コメ様。

いいえ。ちがいます。
あなたの事ではありません。

カテゴリーを見てくださいませ。
あなたの事ならば「友」か「恋」か「心」のどれかになっています。

なんでそうとるのん~v-411





夜叉姫へ。

> そのさりげなさに気がつかないのが
> 鈍感な私でございます。すまん!

一体誰に謝ってるのん(笑)
さりげない気遣いには 気づかなくてええんよ。きっと。
だってそうでなければ、さりげない意味がなくなってしまう・・・ような気が。
風のように感じるだけで十分なのかも。

Saurusは夜叉姫の言う通り、恐竜のことです。
あるいはトカゲの背びれのことです。

> 人は触れてはいけない部分触れて
> 欲しくない部分が有るから

子供だった私には
愛し合うもの同志の間にそんなものが存在することが理解できず
ジタバタしました。( ̄ -  ̄*)

> 待っている 気持ちもわかるな~
リンダちゃん。待つとか、少し離れて・・・ってほんと難しいね。
彼のそんな行為が実は私を守るためのものだと知って初めて
なんとか待つことができるようになったのでした。





皆様。

待つ待つと言いながら
何かと彼の背中のトゲを抜こうと試みる私かも、です。

大切な人がいちばん心やすいと思う方法で
進めることを願います。
>扱いにくくて
絶対、言いなりになんてならなくて

もしかしたら・・?
そう思われたりしていたのかな?
って。。

自分に似ているから・・苦笑。。

言いたいのに・・言えない・・って
そんな顔を思い出しました。。

応援☆彡

お久しぶりです。
やっと休み。でも、また明日から仕事の連続ですww
雫さん。

> もしかしたら・・?
> そう思われたりしていたのかな?

誰か心優しい女の人に
そんなふうに恋焦がれて思われていたなら・・・
そんなふうに思い当たるなら・・・

いつも応援ありがとうございます。(*⌒ー⌒)
お仕事・・・そしてモロモロ
雫さん、お疲れ様でした。。。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。