≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたの掌

「 あなたの掌 」





ねぇ
今日だけ
手のひらでおよがせてちょうだい

あなたの優しいひと雫で
尾ひれをひらめかせられるわ

自由にこの蒼い世界を
泳がせてくれてありがとう

涙をかくして
愛で満たして生み出してくれた人 



ねぇ
今夜だけ
両手のひらですくってちょうだい

あなたの温かいひと粒で
夢見がちに明日を迎えられるわ

自慢の紅いヒラヒラを
褒めてくれてありがとう

汗をかくして
希望を注いで送り出してくれた人



目をつむれば
七色の虹光
目を開ければ
銀の燐光

あなたも見てるといいな



カップの舟にゆられながら
見上げれば

どこまでもつきぬけて美しい
あなたの白月でした










akaiohire










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

お銀ちゃんは、やはり詩人ですね。この詩を
読んだ後に下↓の写真を見た瞬間「ポニョ」
涙が流れてしまったよ。
これを作った火侍郎ちゃんの思いもお銀ちゃんの
感謝の思いも全部この詩の中に含まれていて
感情がたかぶり泣いてしまった私です。

お銀ちゃん、やはり火侍朗ちゃんの言われるように
本出したら?誰かに挿絵をチョット書いてもらって
頑張ってみたら、ああ~っ今日は朝から泣いてしまったわ
そうか。ドロンジョ、泣いてしもたか。
よすよす、こっち来い。なでなで。
(撫でてやったから揚げカツオ食わして)

こないな風に作品にしてもらえるやなんて
めっさ嬉しいこっちゃのう(;ー;)
ありがたいのう・・おおきに、おおきに(;ー;)

ドロンジョは羽の雲上に。
お銀は碧洋の水の中に。
それぞれ置いてもろうて
奴らもさだめし喜んどるやろうのう・・(しみじみ)

赤いヒラヒラが声を繋げる箱と
あの水色のカバンとを
永久に護り続けるお守りになりますよう・・
(おお、言うやんけ言うやんけ)

思うで。
出版、マジに考ええな。
絶対にイケると思うけどなあ。


【カップの舟】

これ!めっさアイデア!!!最高☆
次はコレだv-354



リンダちゃん。

リンダちゃんに、お銀ちゃんと呼ばれるたびに
なんでこんなに嬉しいんやろe-414
と、ゆーことはリンダちゃんもドロンジョちゃんと呼ばれるたびに嬉しい?
え?いっしょにすんな?(*`▽´*)アハハ それはスマンスe-415

ポニョの写真、もっとうまく大きく載せられたらよかったんやけど。

涙ポロリしてくれたん。
いや~んv-406 そんなの全く予期せーへんかったよ~。
私もたかぶりそう・・・

きっとリンダちゃんは私の気持ちをわかってくれたんやね~。
嬉しい以上に、ホロロ・・・とくるよね。

おふたりの言葉がただただ嬉しかったわ。
何もない私やのに。
リンダちゃんと壁カジさんの言ってくれたこと、一生忘れへんわ~。
( ̄ -  ̄*)大袈裟やね、私。
でも、大袈裟じゃないんよ。ありがとう!





火侍狼。

ちょっとぉv-17e-262
ドロンジョは今、銀がよしよししてんねんで。

それに火侍狼・・・
(↑ロウの部分は郎・朗・漏・浪・・・色々あったけど「狼」にしよ?)
火侍狼、私がよしよししようとした時は トンズラしたよね。んね?v-17

> ドロンジョは羽の雲上に。> お銀は碧洋の水の中に。
わっ。ほんま気がつかへんかったけど
リンダちゃんと私、上と下・・・空と海底やなぁe-420おもしろーい偶然!

お守りやのん。永久に・・・。ほんまありがとう。

> 【カップの舟】
心地好く浮かんでゆらゆら~。そんなふうに気持ち良さそうな表情でした♪

壁カジさん、私こそありがとう。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。