≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


人魚

美しく凛とした人魚と 才能溢れる若者の恋物語




人魚


強い意志と 恋心を抱いて
この砂浜に あがってきた

あの娘は 人魚

彼のそばにいたくて
彼をみていたくて
彼に触れたくて


桜の花びらが 髪飾り
彼も彼女に 恋をしました


海に浮かんだ 小舟の上で
何度も何度も たしかめ合いました


まるい月の下 重なったまま
夜更かしして おしゃべりしました


けれども
冬がきて
星が ひとつふたつみっつ・・・
見上げた オリオン座
涙でにじんで 見えなくなりました


ある日 彼は彼女を抱き寄せて
美しいうたを歌いました
最後に聞いた歌声は優しくて



あの娘は人魚

涙は 深いブルーにまぎれて
海の中で 泡となり
やがて消えてゆく


そして地上で 彼は歌い続ける
今夜も 歌い続ける

いつか 海の中へ沈み込むよう
人魚のもとへと 届くよう

あの時 人魚の心にきらめき響いた この歌を
いつまでも歌い続ける


ふたりの心に きらめき咲いた恋








昨日、拍手してくださって ありがとうございます。
愛は・・・言うまでもないですね。そして恋・・・このドキドキだけは・・・。




どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

ふ・し・ぎ・・・・
そのような恋をしたことを思い出します。
たくさんのことがこの詩から思い出され、感情があふれ出し、悲しみと、気遣う勇気を届けたい衝動にかられます。
ほんとの思いのエロチシズムが愛の強さ、真剣さを伝えます。
ちょっぴり辛くて悲しい詩です。
伝えたいこと。。。この詩に詰まってるような気がして・・・。
そこの猫さん。

ふしぎ、といえば
私の方こそ昨日、そこの猫さんの詩に
ふしぎと、「何か」を感じて、夢の夢の中へ・・・。

『ほんとの思いのエロチシズム』
感じてくださってわかち合えて 嬉しいなぁ。

そうですね。淡々と描いた同じ分だけ
私の奥深くでは胸をきゅーっと掴まれるような気持ちです。

どこかで・・・私達は みな、交差してるのでしょうか。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。