≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


鏡心月 其の四 「 ほのかに揺れる灯り 」

昨日も、一昨日も、その前の夜も

夜空を見上げて何を思うた

月を見上げて

何を思うて
泣いた





「 鏡心月 」




其の四 「 ほのかに揺れる灯り 」




「明日やね。」

「楽しみやなぁ。」


お紋が弾む気持ちを抑えながら小声で言うと
おりょうも笑顔でこたえた。

二人はせわしなく空の鉢や碗を洗い場まで運び
料理やお銚子を再び盆にのせて、廊下を並んで歩いた。

「目いっぱい小洒落て行こや。」
「お紋ちゃんは新調した着物でな。」
「おりょうちゃんはあの簪(かんざし)な。」

二人は顔を合わせて、にぃっと笑うと
廊下を隔てて左右の部屋へと分かれた。

おりょうは今日一日、気持ちがふさぎがちだった。
しかし、お紋とふた言みこと言葉をかわすだけで
沈んでいた心が、少しだけ上向くのを感じた。

お紋は人をついつい笑顔にさせるような
お日様のような娘だ。

ただそばにいるだけで。



お紋ちゃん。

いつも、ありがとお。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



一日の仕事を済ませ衣笠屋を出ていくおりょうの後ろ姿を
そっとお紋が見ていた。


おりょうちゃん。

いつもは急ぎ足で帰って行くのに。
今日はなんや、のろのろやなぁ。

珍しく元気なかったし。
どしたん。

おりょうちゃん。



明日おりょうに訳を尋ねてよいものかと思案しながら
お紋は家路についた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



おりょうは七之助に会いたかった。


昨夜の全身を射抜いたかのような七之助の眼が怖かったが
それでもやはり会いたかった。

ひと目、顔を見たかった。

昨夜の七之助のひと言に縛られたからこそ
今夜会って、あれは何でもなかったんだと安心したかった。


おりょうは渡すあてのない筆入れを、袖の下に今日も入れていた。



しかし



月読橋の袂のところまで来て、おりょうは愕然とした。




橋の上は真っ暗だった。




いつも優しく出迎えてくれた、ほのかな灯りは無かった。

橋の上に
七之助はいないのだ。





これまでずっと
一日のおわりに

月読橋に
私をみちびくのは

月のあかりだった



あの人に出会い
いつしかそれは

月読橋へと
私を優しくいざなう

ほのかに揺れる灯り

あの人がともす灯りへとかわっていた





おりょうは月を見上げることもできずに
ただ、家へと歩いた。



七之助と出逢ってひと月。

こんな事は初めてだった。





ひとめでもいいから

あの人に

会いたかった。











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手してくださってありがとうございます。
どなたでしょうか。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。