≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたなしで

遠くでお前の幸せを祈ってる。

そんなの、いらない。
これは強がりなんかじゃないの。
ただ・・・
私には必要ないのよ。







「あなたなしで」



いらないわ。

どこか遠くで祈るより
ここへきて抱きしめて

永遠に思い、祈るより
ひと夜だけでも抱いて

遠くで祈るくらいなら
あなたの近くの人を守って

いらないの。











I never need it.










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「真実」「髪をなびかせて」にあったかい拍手をしてくださった方々へ

拍手をありがとうございます。
エールをいただいているような気持ちです。
また読みに来てくださいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

映画などでも時折この『此処から愛を込めて』があるたんび
ワイはいつも思っとるんですが
この遠隔操作による相手への心情ミサイルは
おそらく自分を鼓舞するためであろ~かと・・。
そして相手からの「それではイヤじゃ、逢いたいんじゃ」
という迎撃ミサイルは
まさしく待ち望んだ、あるいは希望していた気持ちなんやろうと・・。
つまり迎撃される事を強く望んだものなんやろうと。
ただしコレは『双方が現世に居る状態で』
という付帯条件付きですが・・v-19

「片方が違う世界から」だった場合は
これはどないもこないもしゃぁなくて
気がおかしゅうなるほど五感が嘘をつき
思考が自分を裏切りよります。

『そんなモンいらん』が連発されてるトコ。
身を切られるかのような強い響きが
宿っとるように感じますた(TーT)
それは一寸悲し過ぎませんか?
かえって傷が大きくなる様な気がしませんか?
単なるモルヒネの薬しかしないのでは?
一夜だけ、と言っておいて後から
もう一夜、と言いませんか?
絶対に言うと思いますが?

一度だけ会って欲しいと言われて、
まあ、一度だけなら、と思い会いましたが、
その後とんでもないことに巻き込まれたことがありました。

多分一夜ではすまなくなると思います。

と、ついその気になってしまいました。
壁カジさん。

「そんなもんいらんっ、ここに来てぎゅってしてっ」
『という迎撃ミサイルは まさしく待ち望んだ
あるいは希望していた気持ちなんやろうと・・。』

まぁっe-415( ̄ ・  ̄*)そうやのん?
それは全く思いつかへんかったわ。
彼からの心情ミサイルをそこまでちゃんと読み取らず
爆撃ミサイル飛ばしてしまったわ・・・ ( ̄* ̄; ) いやん。

ぷっ♪このミサイルって表現いいね。
そんなもんいらんっ!ドガンッッe-269
って感じで、ピッタリ \( ̄▽+ ̄*)ノe-420 (ええん?それで。)

壁カジさんは、女性の気持ちをおしはかるのも絶妙。
私は相手の気持ちは全く考えず
自分の気持ちだけが頭にあるもんやから
どの詩も、ぜ~んぶ見事、自己中心ポエム。

『「片方が違う世界から」だった場合』
うん。うん。
二度と会えないけど心の中にいきることはできて
それでも顔をみることはできなくて
触れることはできなくて
ふたりの心が通じた時にだけ小さな光を感じることができるような・・・

って、経験ないから想像でしかないんやけど
わかるような、わからないような。

『身を切られるかのような強い響きが 宿っとるように』
(*u_u) スミマセン。だって・・・
いらんちゅーたら いらんねんもんッ(>_<)←言い出したら引けない性分

ああ。最悪な締めくくりや。







虹博さん。

フッフッフ(*`▽´*) 一夜だけです。
『もう一夜、と言いませんか?』
言わへん。 (*⌒ー⌒) 約束するよ~。
だから、怖がらんとってねe-414
というより、本当は一夜も欲してへんねん。
この詩で一番彼に伝えたかったのは
「一番近くの人を守って」
って ことやから。



『それは一寸悲し過ぎませんか? 』

う~ん。どうやろ?虹博さん。
これって悲しいとか・・・淋しい事かどうか自分ではよくわからへん。

『とんでもないことに巻き込まれたことがありました。』
それは、現在進行形の愛に縁取られていたからやと思います。
勝手な想像やけど・・・。
彼女、虹博さんが思うよりずっともっと、深く
虹博さんを愛してやまなかったんやと思います・・・。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。