≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


運命のひと

運命のひと


運命のひとが
いるのなら

それは
あのひと


私の

「結ばれない」運命のひと








永遠


永遠に忘れない

笑顔のあなたも
ささげた悦びも
あの日の夕陽も

あなたがいくのでしょうか

それとも

わたしが去るのでしょうか

また いつか どこかで
なんてない

このまま永遠

このまま会わない


だからこそ
再び愛して

もう 誰にも言わない
私だけの中の永遠









・・・so beautiful

もう 誰も知らない
私だけの中の永遠

夜が果てない日も
道が見えなくても

あなたが全てだった日々は

永遠










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前エントリーの詩に優しく拍手をして下さった方々へ

拍手をありがとうございます。ぜひ、お話もお聞きしたいです。
もし、よろしければ、お名前教えて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手コメちゃんへ。
本当に・・・ありがと。
なんてお礼を言えばよいのか。
あったかい拍手コメちゃんの気持ちに、じんわり
優しい夜になりました。ありがとう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
とっても愛情に満ちた詩ですね。見ていてとてもたのしくなります。
シュワッチ!!( 辿りついた音) 笑

「運命のひと」
・・・人っていう字がひらがなってとこが 泣かせる~

ののみちゃんの 「結ばれない 運命のひと」って・・・あのひと なのかなぁ~

私も・・

でも現実にもいたなぁ~
結ばれたかった運命のひとが・・・・(遠い目)
乗り越えられなかったひとが・・・
鍵コメちゃん。

ほんま。タイムリーだったかも。
それにしても、ひとの話を聞いてこんなにも
キュンキュンしたのは久し振りやよ。

ふたりを思って話しかけた友達も
鍵コメちゃんを胸いっぱいに思い出した彼も
その話を聞いて 溢れるようにキュンキュンした鍵コメちゃんも。
3人が それぞれの立場で、懐かしさと あの頃の愛情を
思い出したんだろうなぁ~って思うと
私まで きゅー・・・ってなったわ。
こんなふうに思い出せるなんて 素敵なことやなぁ。
うん。そうやね。
もう会うことはないけど、この先どんなに時が流れても、やね。
こんなふうに思えるのは、あの時 全てを捧げたから・・・

(*^□^*) アハハ。ほんまや。お互い、結局いつもソコに辿りつく。
だからこそ、こうして笑って 素直に話せるねんね。

素敵な気持ちのお裾分け、 ありがとう。





鍵コメちゃん。

「結ばれない」運命のひと
これは、ある意味悲しいだけじゃなくて素晴らしいことやと思うねんよ。
あ。これも、あくまで私の 話ね♪
たくさん愛し愛された人はいても
こんなふうに「結ばれたかったけど結ばれなかった」運命のひとって、ひとり・・・
か、ふたりくらいやん。いや、この際ひとりって言いきろか(笑)
「結ばれる」運命のひとも
「結ばれない」運命のひとも
自分の中の(秘密みたいなもの?) 永遠に運命のひと。

出会う時期が違ったら?どうなんやろ・・・
うん。どうやろなぁ・・・。
そればっかりは 誰にもわからへんなぁ。
それでも、もしも・・・だったら?って考えても
結局は堂々巡りになるんちゃうかしら。

『そう思える日が・・・』
そう思えるようになったら、心は平穏、やよね。
穏やかな気持ちで、そう思えるようになるには
やっぱり長い長い年月と、そして又ちがう形の愛が必要やもんね。
苦しんだけど気づけば、いつしか「永遠」になっていた・・・
微笑んで そう思えたらいいなぁ。
う~ん。むずかしい。
「永遠」にならない恋もあるのかな。
恋かぁ・・・。




鍵コメさん。

『「またこやつは訳のわからん事を・・」と思ってはるでしょーが(笑)』
いえいえ。そんな事 ちっともよぎりませんでした。
ただ・・・

またしても鍵かけてからにッッ v-17

とは思いましたが。(*⌒ー⌒) ニッコリe-415(←不気味さを御堪能下さい)

あなたがいくのか、わたしが去るのか
ここで浮かんだのがホタルとのこと。そんなん鍵コメさんだけやわ♪
微妙な自然界の条件を満たした時だけに限り、起こるのですか。
鍵コメさんの表現、すごくわかりやすかった。
私は全身を蛍に囲まれた事があるのですが
あの時の なんともいえない静かに湧き上がる感覚!
それより更にもっと、不思議な現象なんですね。

様々な 光の動きを見せた最後に、二つずつの光が一つになる動き
そして、ひとつになった後、地面に落ちる・・・。

思うんです。
鍵コメさんが言う『漆黒の闇』と『光跡』
なぜ、私は漆黒に惹かれ、光に 希望を感じるのでしょう。
そして
『しながら墜ちていった』というオスとメス
やっぱり一対?のものに、惹きつけられたり、望みを託したり。

『存亡』と『繁殖』も、ほぼ反対の意味を含むし。

ふっふっふ。私の方が 意味不明になってきましたね。
全然 気にしませんよぉ~♪

この詩にも
「結ばれる」運命のひと、と
「結ばれない」運命のひと、が存在していて。

ねっe-420(ねって、更に 意味不明でスミマセン)

感情・・・
ほんま、ソレですね。鍵コメさんのおっしゃる通り。
それが、全ての鍵ですね。

あかん。まとめられませんでした。
あと、宜しくお願いします。


『誰がために鐘は鳴る』?むかし、本当~に昔
大毎地下(誰か知ってる人いるかしら)でリバイバルで見た気がするッ

『髪結いの亭主』は、妻を極端な方法で(?) 愛し続けたのですね。たしか。

鍵コメさんの ものすごい記憶力にビックリです。
私の 忘れる脳にもビックリです。

風と共に去りぬ、の件ですが
いっぱい 話したい事があります。
あまりのタイミングで ビックリするやら、楽しいやら♪





macskiさん。

はじめまして。
来てくださって、その上コメントを書いてくださり
本当に ありがとうございます。
『うれしい詩』『愛情に満ちた詩』
いちばん嬉しい言葉です。私も 寄らせて頂きますね。
macskiさん、またぜひ来て下さいね~。





ぴあちゃん。

シュワッチ・・・って、辿りついた音やって言うけど
ほふく前進で 来てくれたんよね?
んね? ( ̄* ̄ )

アハハッ

あん。「人」にするか「ひと」にするか ちょっと考えたんよ~。
なんで わかったん。

結ばれなくて、結ばれたかった運命のひと
ぴあちゃんに話を聞かせてもらえるくらい
時間がたっぷりある日
いつか来るといいなぁ・・・( ̄ ・  ̄*)ポッ
このコメントは管理人のみ閲覧できます
鍵コメちゃん。

ああ。何回も・・・本当に申し訳ないわ。
快く、承諾してくれて ありがとうね。
懲りずにこれからも よろしくお願いしますe-415

あ~ら。こっそりどころか、バッチリ嫌味やんか、ソレ。
アハハ(*^□^*)
確かにね。いつも あんな感じなんよ。
大目にみてちょ~だいe-414

運命の人だと思ってたんやね?
うん。きっと絶対に現れるよ。
だって、鍵コメちゃん、こんなに愛情いっぱいなんやもん。

ん?ちょっと待って(笑)
今の人じゃないん?
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。