≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


あなたの羽

あなたの羽




こころふかくで

あなたが
緑の中に


私は、ふるえた


あなたの背中に


羽を見つけてしまったから


あなたからの優しい薄緑色の風は
その羽でそよいでくれたから

ときおり私の髪を撫でるような感覚は
その羽で触れてくれたから


あなたの背中に見つけた羽
あなたが奏でる翠の羽音


私は目をとじて

耳をかたむけて


あなたは
緑の中で

こころしずかに











・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「なでしこ」「ピンキーリング」に優しく拍手をして下さった方々へ

拍手をありがとうございます。ぜひ、お話もお聞きしたいです。
もし、よろしければ、お名前教えて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「おー」って言ってくださったあなたへ。
ごめんなさい♪拍手コメント読んで吹き出してしまった・・・アハハ(*^□^*)
「おー」って。笑いと幸せな気持ちを ありがとう。
どんな感想より 嬉しくて楽しかったです。

残念ながら、テンプレ、プラグインに対応出来てないようで
リンク先や、プロフィールやらが、途中で切れてしまう不都合がありました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事へのコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
私の羽は古今和歌以前のアナログ式なので、
パワー不足、現代の流れにはなかなか付いて行けません。

羽と言えば、
彼女は背中にズット隠していた羽を
パーッと広げて
今年の一月末日に
天国へ飛んで行ってしまいました。

ののみ島からも気持ちのよい風が
ハチ公前広場まで時々届いていますよーーー。
こころは宇大。
知らず知らずにほんのちっぽけな緑の中の「あなた」が無邪気にもあそぶ。
ふと、そこからの緑の香りに気づいたののみさん。
ちいさな羽は風をののみさんに送り続けたのですね?
あのときの髪のさりげない「なびき」は、そのせい。。。
気づけるひとでなければ感じ見ることのできないものを見つけたののみさんの直接的な感慨がここちいい。
おしゃれな感性ですね。

鍵コメちゃん。

おおっ。頑張ってるね。
鍵コメちゃんが頑張った翌日は、私もかなり頑張れます♪
あんe-415寝る前に私に会いに来てくれたん。
めっちゃ嬉しい♪(*⌒ ・⌒)⌒e-414
久し振りに ちゅうしたね?

素敵な詩?ありがとう!
この背中に羽をもつ人が素敵なんよね。

ええー。 ( ̄* ̄ ) すごい?
すごいにも 色んな意味があるからなぁ・・・フッフッフ。
Mちゃんと二人で昼ご飯食べながら、私の悪口言ってるの
感じたから、メールしたんよ。嫌がらせの写メつきでe-320
Mちゃんへの詩、あの山型は私の感情の起伏を表してみました~。
小さなところに気付いてくれてありがとう。なんか すんごい嬉しいわ。

『薄緑の世界が私の頭の中に ぱーっと広がった』
ほんま?
もし薄緑色の風が鍵コメちゃんにもそよいだんだったら
この詩、思いを書いて本当によかった。

『頑張った自分へのご褒美』
鍵コメちゃんの素敵で優しいコメントは私へのご褒美やね。
あっ。まだ褒美もらえるほど良い事なんにもしてなかった・・・。
いつも元気をくれて、ありがとう。




鍵コメさん。

こちらでは初めまして。
足跡をたどって来てくださって ありがとうございます。
過去にさかのぼって読んでくださったとの事
とても嬉しいです。
場違いやなんて。もう~全くそんな事ありませんからe-320

(*^□^*) ギャハハ。脅迫状ですか!
いいじゃないですか~。そういう詩、私はそそられます。
めっちゃ読ませていただきたいです。
ちなみに私の場合、異性への詩をかくと
コレして、アレをして、ソレもお願い( ^人^ )
と、直訴状みたいになります♪

「青息吐息」の過ちの切り岸、しくじりの断崖
これは取り返しのつかない過ちをおかした時
切り立った岸に 強風にさらされながら立っているかのような
そんな心境を描きました。
誰も知らない~「赤い色」
『まただ・・っていうトコ。またこの感覚来よったわ』
それなんです。ほんとその感覚です。
この詩は私の1番汚い部分を描いた詩です。
ん~。いや、汚くはないかな?

このふたつの詩、コメントがいただけなくて
さみしく浮かんでおりましたが
鍵コメさんが 読んでくださり、嬉しかった。

プロフィールの絵のこと
水色の世界に住む私の娘の絵なんです。
たくさん私を喜ばせてくださって(笑)・・・本当に ありがとうございます。

鍵コメさんのブログのコメントに書ききれなかったこと
少しここへ書いてもいいですか。

爆笑につぐ爆笑で、涙を流したことは言うまでもありません。
ああ~。思い出しただけでも まだ爆笑できる・・・ブワハ(*`▽´*)
手の豆ですが、
私は7月16日にウチワの振り過ぎで親指のつけ根に
水ぶくれをこしらえましたわe-420( ̄▽+ ̄*) どう?e-420←負けず嫌い
お箸のグルグルしすぎで豆作るのも
ウチワの振り過ぎで水ぶくれ作るのも
きっと私達だけでしょう・・・。(そりゃ そうだ)

「食」のシーンがお好きなんですね。
私はちょっとだけ似てて「食卓」や「テーブル」で
会話などをしてるシーンが好きです。
「理想の恋人.com」で、知り合いのレストランで初めてデートするシーン
「レオン」で古びた食卓をはさむシーンも レストランでのシーンも
「ベスト・フレンズ・ウェディング」での店内じゅうの人を
巻き込んでの大合唱はもう最高♪♪♪

映画の1シーン。こんな話ができて楽しいです。
そういえば「誰も知らない」も映画の題名でした。
あの映画は・・・ああ~。

長いコメレスでびっくりなさったのでは?
いつもこんなんじゃあないので、怖がらないで下さいね。
(どっかから、いつも長いよ~・・・という声が・・・)

爆笑と楽しい話をありがとうございました。
また、ぜひ来てくださいね。





虹博さん。

虹博さんの翼はアナログ式でも かなりのパワーだと思います。
だって、私を海から引っ張り上げて、空の散歩に
連れて行ってくれたじゃないですか。
水分含んでたし(海水ね♪) 重かったやろなぁ・・・(*⌒ー⌒)

あれ以来 空を飛んでません。
また、いつか 迎えに来てくださいね。

『彼女は背中にズット隠していた羽をパーッと広げて』
うん。彼女も羽をもつ人だったんやね。

『ののみ島』本当に?気持ちのよい風が?
ちゃんと届いてる?良かった~。
それにしても、ちょっと羨ましいなぁ。
羽をもつ人
翼をもつ人
私は自分の力で空を飛んだことないなぁ。

でも、尾ひれを持ってるから ヨシとします♪





なつさん。

緑の羽風かぁ・・・うん。それだわ~。
そんな羽風に髪をなびかせる心地よさ・・・
あっ。そうやわ。香り、なつさんにはわかるんですね。

私が、そこで、「あなた」の背中に羽を見つけた時の
小さな衝撃
あっ、って。
それでこれまでの事が 繋がり、理解できたような感じです。
「あなた」は私だけに羽風を送ってるんじゃなくて
自然を愛する人へ、優しさをつなげて渡せる人達みんなへと
羽風をそよいでいるのだと思います。

もしかしたら
あの緑の中で いつもは しまってる羽を休めてたのかなぁ。
それとも、羽を遊ばせてたのかなぁ。

どちらにしても、こころ洗われるような光景でした。

あっ。妄想癖ちゃいますよぉぉ。(#⌒∇⌒#)ゞ
飛ぶ=死、ですからダメですよ、飛んじゃ。
私は飛ぶ振り=妄想しかしていません。
でも、潜水も一寸怖い、息苦しくないのかな?

は、さておき、
プロフィールの絵、
凄く可愛いと思います。
二人いるけれどどちらがどちら?

虹博さん。

潜水・・・さかな女のこと?
水の中をイメージした詩を描いていたときは・・・

息苦しいなんて、全然。妄想中やもの。
うっとりと解き放たれるような感じかなぁ。

プロフィールの絵のこと、褒めてくださりありがとう!
これを褒めてもらうと もうホント単純に嬉しいわ。
左のスカートの方が娘で
右のジーンズの方が私だそうです。
この絵に気づいて下さった人が何人かいらっしゃるんやけど
やっぱり それが とても嬉しくて。
近いうちに この絵も含めて 色々書こうと思うので
虹博さん、きっと読みに来てね。
ありがとう。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。