≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒く裂き、漆黒に咲く

黒く裂き、漆黒に咲く




闇に、獅子
牙は、月夜に猛り


恋の雪
いいえ、炎の情愛

コト・・・
コトリ
琴の音、狂い


この時とばかりに
妖姫が
再び目をさます

帯は紫、肌は桜

黒く裂き、漆黒に咲く


夢幻と無限のはざまでわななく私
えぐり出される本能
一瞬で散らばる理性


千尋の情念
万尋の執念
妖姫は背中にとじこめて

闇に舞い、黒く裂き、漆黒に咲く

離れ愛
乱れ恋
咲きほころんで

めくれ、熟れる、妖花の炎


コト・・・
コトリ
琴の音、狂い


月が隠れた うしみつどきに
吹雪に猛る
獅子の慟哭









以前 「闇にあえ 砕け散れ」という詩をかきました。

強い獅子だと思っていた彼が
次の瞬間には 妖しく美しい姫にへんげしていて
(私にはそう思えて)
不思議な世界をさまよった

という詩です。

その彼が再び、妖花になる夢を見ました。
夢と言っても、幻や酔夢ではなく
実際にこの目で見た美しい夢です。
一生 忘れません。




いつも詩を読んでくださってありがとう。
いつもコメントくださって、嬉しいです。ありがとう。
今日だけはコメント欄を外させてくださいね。m(u_u)m
コメントしていただきたくないっていう意味ではないです。
むしろ コメントや批評は歓迎です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

前エントリーの詩にあったかい拍手をしてくださった方々へ

拍手をありがとうございます。ぜひ、お話もお聞きしたいです。
もし、よろしければ、お名前を教えて下さいね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。