≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


カモメと魚女

カモメは
青い空、翼をはためかせて
人魚は
碧い海、尾ひれを揺らめかせて

この詩は、私とある人のブログと、そして空との出会いを描きました。
本当に こんなかんじでした。
事実を淡々と書きました。

みなさんも、たくさんの心を揺らすブログや詩との出会いが
きっときっと ありますよね。これからも、出逢いますね。

またいつか、どなたかのブログとの出会いを詩で紹介させてくださいね。
私の事を書いていいよ、って方、ご連絡お待ちしてます(笑)←本気です。

つい最近、王冠そのものな形の雲を見ました。
夕焼けに、大きな大きな冠。放射状の。
写真に残したかったなぁ。
私の頭に載せてもらえたような気が・・・。






カモメと魚女



ひらひらと しなをつくれば
ゆらゆらと 水の綾

くすくすと 笑みがこぼれて
ふつふつと 波の泡

尾ひれを 揺らめかせて
海の中から見ていたの

空も太陽も 揺れていた
カモメが一羽飛んできた

水を蹴って 水面まで
手をのばした その時

腕を掴まれ引き上げられた
カモメだと思ったのは男性で

男が本当の姿なのか
カモメが仮の姿なのか

空をとんで
雲に挨拶

私が人魚だからなの?
半魚人を紹介してくれた

空を見上げて
雲を感じて

圧巻だったのは 大鳥
そして火の鳥が現れた

見たことのなかった空
触れたことのなかった雲

手をひっぱって連れていってくれた
青い空、翼をもったあのひと

カモメなの?男なの?
ってたずねたら
魚なの?女なの?
って笑っていた


私は今
水面から顔を出して
青い空を 見上げる
水しぶき はねながら

ゆらゆらと 水の綾

ふつふつと 波の泡

碧い海、尾ひれを揺らめかせて










「めぐりあい」に拍手をしてくださった温かい方へ

消えちゃったんですか。残念。読みたかったです。
いつも ありがとうございます。すご~く心の励みになっています。
甘い詩・・・気持ちを解き放って、ときにあなたを思って描きますね。
本当にありがとう。伝わるかな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「ひきがね」に優しく拍手をしてくださった方へ

「月」のイメージ・・・えええ?ちょっと待ってくださいね。
私、あなたが誰なのか、わからなくなってきました。
いや、もともとわかってないんですけど。
もしかして、知ってる友達ですか?う~ん。じゃあ、やっぱり・・・?

「海」のテンプレート、そんなふうに感じてくださるなんて♪♪
この詩も好きって言ってくださり、本当に嬉しいです。
エントリーする時、ちょっとだけ躊躇したんです。だから、余計に嬉しかった。
書いた時はガガーっと一気に書いたんですが
あとで読み返せば読み返すほど、危ない詩に思えてきて・・・。
でも、そのままを書いて、載せてよかった。
Rさんこそ、私の想像を書き立てていますよ。・・・で、誰?(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手をしてくださった優しい方々へ

拍手をありがとうございます。励みになりました。
もし、よろしければ、いつかお名前教えて下さいね。待ってますね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ


この記事へのコメント

美しい風景です。

尾ひれが揺れるたびに
ののみさんのキラキラした言葉が聞こえてきます。

思わず、さらって盗んじゃおうかな?
というイケナイ感情が沸き上がりました。

でもご安心を!
焼いて食べたりはしませんから。
でも,キラメク言葉は飲んじゃうかも?
でも、もしや毒に当たったら?
あ、もう遅いって、
当たってましたね。

目がおかしいもの。
自分が良く見えなくなって来ているもの。

止めて!妄想を。

ドコマデモ
ドコマデモ
止まらずに行ちゃいそうで、、。

これを見ているブラウザさえもが
王冠のようにキラキラ輝いて見えますよ。
あ,確かにこの書き込みフォームの位置が、
丁度青い海の底から見た空の真ん中に有りますものね。
目に見えるものが全てじゃない。
男でも女でも関係ない。
動物だろうが、なんだろうが関係ない。
要は、気持ち・・・
気持ちを委ねられるかどうか?

だから、腕を掴まれ引き上げられた。
ほんとなら、スルッと落ちてしまうのに。
あなたの気持ちがそうさせたんだ。

カモメでもあり、男でもある。
どちらも本物。
あなたが、魚でもあり、女でもあるように・・・

その人は、あなたに別の世界を見せてくれたのね。
それはきっと、すばらしい光景だったでしょう。
虹博さん。

虹博さんの風景も、目がさめるような色彩です。
私の尾ひれ、ちゃんと感じて下さってること
すごく嬉しいです。

そうですね。
焼かれるのは断固としてイヤなので
何が何でも、逃げ出すと断言します~。
食べるなら、生、ですね♪
レバーも肉も魚も・・・生が1番。
(身近な女友達にもイヤがられています)

虹博さんの 青い青い空 そして白い雲
初めて見ました。ウキウキする発見でした。
笑顔の人達も、とっても新鮮。

出逢い、そして心の琴線

もっともっと、感じてゆきたいです。

妄想?
妄想レースなら、1番になる自信が!

虹博さん、本当にありがとう・・・
ルナさん。

はい・・・本当にそうやわ、って思いました。
目をつむった時に感じた事こそも
本当のことですね。
『動物だろうが、なんだろうが関係ない。要は、気持ち』
『気持ちを委ねられるかどうか?』
すんごい ストレートで力強いです!
私の「カモメなの?男なの?」っていう愚問を
笑い飛ばして、答えをくれた感じです。
ありがとう!
私の気持ちがそうさせたん?
だったら、なおさら嬉しい事やなぁ・・・。

うん。そうやねん。
私に見たことのない世界を見せてくれました。
ののみさんの世界は、とても異空間であり、とても心地いい。
その情景が瞼に浮かび上がる。
人魚だった私が、連れていってくれた空の世界は、とっても大きくて、優しく、温かい。
そのかもめが誰とか、はいいの。
夢。
だったのだろうか。でもホントだったのかもしれない。。
ええ?やはり生ですかあ?

やはり人魚ですものねえ、
水の中で火は使えないし、
生を直接食べるわけだから、、。

あれ?食べたつもりが食べられたのかな?
知らないうちに海の底にいる感じ。
tomoyanさん。

本当に?
tomoyanさんがそんなふうに言ってくれて 本当に嬉しいなぁ。
うん。空の世界は とても大きくて、優しかった。
『そのかもめが誰とか、はいいの。』
ふふ♪そうやね。その通り。
私は「男なん?カモメなん?」ってきいちゃったわ。あはは。
夢だったら、とっても色鮮やかな夢。
ホントだったら、夢みたいにふわふわなホント。
どっちも素敵、よね。
虹博さん。

ええ。もちろん生でe-320

でも、鳥を生で食べるって あんまりないね。

あはは。やっぱり食べあいっこはやめて
仲良くしましょうか。
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。