≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


三日月ブランコ

女性はいつまでたっても 女の子
わがままで
自分勝手だけど
優しくて
もろくて
友達想いで

強い






三日月ブランコ


うさぎの耳をつけた女の子
お花の髪飾りをつけた女の子
ピンクのふわふわをつけた女の子 がおりました

まわり いっぱい みんなブランコにのって楽しそう

だけど私のブランコは、今日も動かない


うさぎの耳をつけた女の子がブランコをおり
ニコっと笑って、魔法の呪文をかけてくれた

二文字の呪文
幸せの ことば

するとどうでしょう

さびてきしんで重たかった鉄のブランコが
三日月のブランコに 生まれ変わりました


そして
お花の髪飾りをつけた女の子がブランコをおり
ニッコリ微笑んで、やさしく背中を押してくれた

笑顔のしるし
柔らかい手

するとどうでしょう

あんなに うんうん唸ってふんばっても
うんともすんとも 動くことはなかった
私のブランコ


揺れだした

三日月ブランコ


笑って
転んで
泣いて
揺れて
さんにん、顔を見合わせて

星を見上げた

三日月ブランコ










前エントリーの詩に拍手をしてくださったあったかい方々へ

拍手をありがとうね。いつも嬉しい!
なぜ 手をはなしたかというと・・・若かったからかなぁ?
99パーセント好きなんだけど、1パーセント耐えられない部分があったの。
今じゃ、考えられないけど。1%くらいが何なんよねぇ?あはは。
自分は欠点だらけ人間のくせして、って今は思います。
なぜ 戻らなかったのかというと・・・わからへん。今も。
でも思えば、今まで別れてまた戻ったことってないなぁ。
拍手コメさんは、そんなことある?
それから、1パーセントが耐えられないなんてあった?
またいつか教えてね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手してくださってありがとうございます。
ぜひ、お名前だけでも~!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

拍手とコメントをありがとうございます。
そうなんです。なぜ、わかったのでしょう?すごい読み取りですね!
その通り、ひとつ前の「人魚の記憶」と「天神祭」は同じ人を想って描きました。
もうひとつ、ずっと前にエントリーした「さよなら」も
(棘が・・・って書いてた詩です) 同じ人です。

3年間同じクラスで学び、卒業後・・・ずいぶん経ってから
ひと目惚れ(なんじゃ、そりゃ?あはは) して、恋がはじまりました。
楽しい会話を、ありがとう。また来てね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ




この記事へのコメント

三日月ブランコ。
乗ってみたーい☆☆

絵は描かない(っていうか描けない(笑))のですが、
描いてみたくなる光景だなぁ♪
このコメントは管理人のみ閲覧できます
こんばんは!

女子は、男にはない不思議な繋がりが
ある気がします。
学生の頃とか、トイレ行くのにも誘い合って
一緒に行ったり。
自然と強固なグループ分けされていたり。

男子とは少し何かが違う連帯感。

でも、大人になっても変わらぬ友情は
有難いものですね。
息が詰りそうな日常から抜け出して
癒され救われます。

月のブランコ。
みんなでブランコをこいでいたりして、
絵本のような可愛い世界が浮かびました。

可愛い世界と、詩の内容。
二つの「女の子」らしさが重なり
上手い詩だな~と思いました。

ポチっと♪
kaoruさん。

夜空の三日月ブランコ、気持ちよさそうですよね~♪
絵?ふふ♪
思いもよりませんでした。
どんなやさしい絵になるんだろう・・・
考えると楽しいです。
鍵コメントさん。

いえいえ。こちらこそ嬉しかったです。
ありがとう!
あはは♪生活感あふれてましたか。
普段はそんな感じたっぷりな私です。

鍵コメントさんの文章読んでいると
なんだかニコニコしてしまいます。
暁森 窓幻 さん。

こんばんは。
まず・・・『女子』ですか!
う~ん。いいですねぇ。まさに『女子』です~。
なかなか入りにくいはずの『女子』の世界へ
コメントくださって、嬉しいです♪
あはは。そうそう。自分は用もないのに
友達に付き合って手繋いでトイレ行くんですよね。
もっぱら私は つき合ってもらった方ですが。
あら。どうでもいい話ですね。
『強固なグループ分け』
ブ・・・ワハハ!そうそう。確かに強固でした。
いや~いっぱい笑ってごめんなさい?暁森 窓幻さん。
暁森 窓幻さんの観察力と、そして昔を思い出して
楽しい気持ちになってしまいました。

この詩の友情は、本当につい最近感じたものなんです。
何気ないひと言、何気ない笑いが、ありがたかった。

『絵本のような可愛い世界』
ああ。そんなふうに思ってもらえるなんて。
『二つの「女の子」らしさが重なり・・・』
わ!今日は ものすごく褒めてくださるんですね。
嬉しいなぁ~。
私の友達のことも褒めていただいたような感じ。

いつも応援ありがとう☆
この記事へコメントする















 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。