≪ 2009 06   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2009 08 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2009年07月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


心から求めたものは
たったひとつ、だった

何に負けたのだろう・・・?
何を恨んでいたのだろう?

何の
誰の
せいでもない

全ては内なる自身のせいだった。



「 君 」





会いたかったんだ


僕は走り

手を伸ばし

転んで笑われ

叫んだ


でも

僕の溢れいずる思いや
君の瞳に浮かぶひと雫

そんなこと
おかまいなしに
時は進んでゆく


顔を、見たかった

一生抱けなくても

あの日々のように
うち震え合う夜が消えても

君の顔を見るだけで、よかった


会いたかった

会えなくなるのが

本当に
本当にこわかった


会いたかったんだ










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ

スポンサーサイト


青空

「 青空 」





怒りんぼうの私を

撫でたり
つっついたり
つまんでみたり
かいぐりかいぐりしたり

あなた

あの手この手で
笑わせてくれる

私の怒り玉も
何分ももたへん
あなたのすごい技

私の怒り玉は
あなたの青空に
ぷしゅーって、ね

















・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



Beach

「 Beach 」





こんな海
こんな空

砂は素足にじゃれて
あなたは目を細めて
眩しいのは夏のせい

不思議やね

なんにもいらない
そんなふうに思える季節

風と
波の音と
海の匂いが

私を眠りに誘う

ぱらぱらと
ページがめくれ
本が手からすべり落ちた時

私は心地よくおちてゆく

私はゆらゆらとゆれながら
夢うつつで
思うのよ

目覚めればきっと

風と
波の音と
海の匂いの余韻の中

私はあそこへいくんやね

あなたが
連れていってくれる

いちばん感じる場所

身体ごと

ココロごと













・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



遥華火

「 遥華火 」





まるで

遠くで花火を見ているかのようでした

そこだけがぱっと色めくようでした


夜空にたなびく残響が
私の身を震わせる

顔がよく見えない

声が聞こえない

心が遠い



あなたがどんな表情なのか
彼女と何を話しているのか

あなたが遠すぎる

真夏なのに

寒い



嫉妬するのは、いや

嫉妬させるあなたは、もっといや


こらえきれず
私は・・・



あなたの呼声は届かない
見上げることはない

ふりかえらない

遥華火









・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



無題

「 無題 」





バカやね


同じ人に二度も泣かされるやなんて



「繋いだ手ぇを放せへん。」

どうして?
好きでいる理由もとうになくなったのに

なんで?
通り過ぎてゆく年月は移り気やのに

「放してよ。」

愛の意味なんかより
そのこたえを教えてよ



小さな過ちと
些細な悪ふざけ

いつからやろ

傷つけあうことでしか
愛を証明できなくなってしまったのは

誰だけを愛しているのか
問われたなら
簡単にこたえられたのに



傷つけて

傷ついて


あなたは・・・復讐?

あっはっは

私は、中毒かしら。



月夜に泣き疲れ果て
貪りあって眠りにつく


愛の意味なんかいらない
そのこたえを知りたかっただけ




















▼続きを読む▼

 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。