≪ 2009 01   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28  2009 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
2009年02月の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Cinderella

「 Cinderella 」





sarasarasara

sarasarasara

愛らしいドールのよう

さらさらの栗毛が光る

sarasarasara

sarasarasara

真っ赤なふんわりスカートが

ほうきと一緒に揺れている


泣かないで
モモの目がうさぎの目になるもの

見上げてみて
星と私があなたを見つめているわ


桜色の頬
ほてらせて

薔薇色の唇
とがらせて

黒い瞳は
未来に瞬いて

可愛い声で
希望を歌って

sarasarasara

sarasarasara

Cinderella

ふわふわの夢を

喜びの歌を

ありがとう










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ


続き ↓↓
スポンサーサイト


▼続きを読む▼

メリちゃんの羊

「 メリちゃんの羊 」





先日、保育園の帰り道にモモがぽつりと言った。


「ママ。モモな、メリちゃんのヒツジ見たいねん。」


「はっ?(メリーさんの羊?)」

歌うんではなく、見たいと?


「ドラマやってんねん。メリちゃんのヒツジ。」

ドラマ?教育番組かな。 ( ̄* ̄ )


「ともちゃんもな、チッチもなメリちゃんのヒツジ見てるねん。モモも見たいねん。」

流行ってるみたいやな。 ( ̄* ̄ )


「キラちゃんのママもな、ともちゃんのママもな見てるねんて。人気らしいねん。」

ママ達にも人気のドラマ?( ̄* ̄; )


「なぁ。モモも見ていい?」

「ええよ。」



見てもいいとは言ったものの、一体いつどこのチャンネルで放送してるドラマやろ。
女の子にいま人気で、ママ達も一緒に見ているドラマ
「メリちゃんのヒツジ」


メリちゃんのヒツジ

メリちゃん

ヒツジ

 ・
 ・
 ・
ハッ∑( ̄□ ̄;)!! も・も・もしや・・・

それって

メイちゃんの執事? ←見てないけどタイトルは知っている母

( ̄* ̄; ) ブッ・・・ワハハハ(*^□^*)

あいかわらず可愛ええなぁ



そうか。モモのクラスではメイちゃんの執事が流行ってるん。

ウチでは週末に「必殺仕事人」を一緒に見ています。
チャララ~ン♪と歌いながら見ています。(モモが)
しかしそれでは他の女の子と話がかみ合わないらしい。


お友達の話に一生懸命ついていきたいモモなのでした。


それにしてもメリちゃんのヒツジて。アハハ♪










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



しあわせの鼓動

「 しあわせの鼓動 」




テレビの前 あなたと私

あなたの背中と 私のおなか
ぴったり くっついて・・・

クックックッ
あなたが笑うと 背中から伝わる しあわせの振動

となりの部屋には えんじぇる。
小さな可愛い寝顔

ソファーの上のケータイが光ってる

きっと あのこからの ラブメール
早く読みたくて ソファーに飛び込んだ。



あなたの背中と 私のおなか
ぴったり くっついて・・・

トクトクトク
あなたが黙ると 背中から伝わる しあわせの鼓動

目の前の画面の中には 彼。
傷だらけで闘う瞳

窓の外では三日月が笑ってる

今日という土曜日は
幸せが全部 うちの中に集まったみたい。










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



青いカンバス

あなたに出会って
空を見上げることを覚えた


さよならの空は

青空

綿菓子の白い雲

北北西に飛んでゆく飛行機






「 青いカンバス 」





お願いがあるの

その真っ青なカンバスに
私を描いて

ずっと
ききわけがよかったでしょう
甘えたことなかったでしょう

だけど最後に
ガラじゃないけれど可愛く拗ねるわ


私に彼女を重ねていたこと
嫌ではなかったのよ
不思議ね


さよなら
もうあなたはここにはいない
この声はあなたに届かない

それでも最後に
一度も言えなかったわがままを言うわ

そのあなたの真っ青なカンバスに
笑っていた
私を描いて










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 書く励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



熱情

「 熱情 」




そう

こんな

かんじ


堕ちていくようにして
昇っていくかのような

あなたに惹かれる瞬間の感覚



あんなにもかたく閉ざされていた 熱情の扉

鍵はいらなかった
鍵はあなただった

蹴破るようにこじあけて
記憶の波、押し寄せて

愛された日々
あんなに愛した日々
駆け巡るあなたへの思いを
もう封印する必要もない



刺すように黒光りする瞳が

たまらなく好き


「あんまり見んなよ。目ぇ腫れてんだ。」

知らないの?
そこがいいのよ。
それが色っぽいの。


それとも
眠れない夜が?



どうしてギリギリのところで愛してしまうんだろう




そう

こんな

かんじだった。あの時も。


一瞬で伝わる感触
刹那に崩れる感情

あなたに触れられた瞬間の感覚



かたく閉ざされていた 熱情の扉をひらくのに

言葉はいらなかった
涙もいらなかった

身体と心、解き放って
愛情と魂、注ぎ込んで

こっちこいよと
誘うあなたの細い指
私はついていくだけなの
もう抵抗する意味もない



口の端上げた不敵な笑みも

どうしようもなく好き


ねぇ
ずいぶん待ったのよ。

約束通り
泣かなかったわ。
振りかえらなかったわ。

見えない赤い糸
それを信じ続けるのは
たやすいことではなかったけれど。



どうしてこんなにも愛しくてしかたがないんだろう

どうしてギリギリのところで愛してしまうんだろう



そう

こんな

かんじに










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう。

にほんブログ村 ポエムブログへ



この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


菜の花小道

時間はめぐり
人も巡り会う

あれから何年たったやろ

夢とうつつが
優しくて残酷で

人の心って何やろなぁ

私の心っていったい何やろなぁ






「 菜の花小道 」





青い空
電車の音
黄色い小花
3年間通った道

変わらぬ校舎を見上げ
嬉しさと可笑しさがこみあげる

じわん
と、胸に染み入る甘酸っぱい記憶


時間の流れ
出会いと別れ

あれから何年たったやろ


夢とうつつ
優しくて残酷で

人の心って何やろなぁ

私の心って何やろなぁ


菜の花は
太陽と雨と大地だけを求めて
まっすぐに立っていた

風に吹かれて咲く花


家まで10分の道は、黄色い花が道しるべ

黄色い花に導かれて、帰るかのようだった


菜の花小道は

私の家まで続いていた










・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

どこかの 誰かにも 私の毎日を読んでもらえたらいいなぁ。
ランキングに参加してみます。
押していただけたら 励みになります。ありがとう!

にほんブログ村 ポエムブログへ



お父さん

「 お父さん 」





おとうさん。


今日
父の手を
指を、握った

細くて
すべすべの
きれいな手だった

ずっと外で働いてきて
真っ黒だった私の父

やのに

今は
白く白くて

お父さんの手を握るチャンスなんて
もう、ここ数十年なかった


手をつなげて
ほんまに嬉しかった。












 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。