≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
心の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細い細い白月を見上げて

細い細い白月を見上げて





私の旅立ちは
有り明け


わざと黒髪をなびかせて
無理矢理にでもスカートをひるがえして

歩いていこう


手のひらの赤いシーグラス
ぎゅっと握りしめて

見あげた細い細い白月に
あなたの名前を刻んで

踏みしめていこう


くちびるを一文字に引き結んで
嗚咽と孤独の破片をけちらして

走っていこう


私は行こう









拍手コメントありがとうございます



2/23 ぶーらぶら に拍手コメントくださった方へ
ふっふっふ。だまされてますよ。
実際の私は短気で自分本位です。
あれからしっかりと寝ることができましたか?
寝る→忘れる
私はこれができなくて
これ、やりたい



2/28 遠い夜へよせて に拍手コメントくださったK様へ
私こそK様の面白い発想にびっくり&あはは(⌒ ー ⌒*)



3/6 遠い夜へよせて に拍手コメントくださったI様へ
コメントくださるなんて嬉しい!
しかもこんなひとりよがりな詩に。
この詩の会いたい人とは会えなかったのですが
> 最後にすぱーんと一言
> 気持ち良い

ってI様が言ってくださったのでもうヨシとしよう!笑

> あいたいのです
> あいたいです

なんでわかるんですか?!
あいたいのですってキーボードを打ち終わって
あれ?あいたいです、かな?
でも、あいたいのです、やわ
と思ったんです





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ



スポンサーサイト


エリカ

エリカ





向こう岸で
冬明かりが
泣き笑いしている

たどりつけない地図に苛立ち
蒼の果てへと破り捨てた

エリカが揺れるひとすじの道
深呼吸をして
ふりかえれば

誰もいない夜の真ん中で
私は千切れた尾ひれをひきずっているのだった





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ





草の唄

草の唄






あの日のままの 約束
心にかなわぬ ため息

地平線の終わりを目指して
過ぎゆく思い出も 夢のうち

息をころしてささげた快楽の妖光も
身動きもできずに凍えた負の印も

地平線の向こうを目指して
とうとうと流れる道のはかなきに

いついつの日か
この切り岸にひとすじの草が咲いてそよぐのだろうか

いつか私も風の唄に そよぐのだろうか






にほんブログ村 ポエムブログへ





すきなものでしりとり

すきなものでしりとり






I like ・・・

黒い瞳

みずいろ

ロングヘア 



all night

東京ドーム
 
ムートンブーツ

通路側
(新幹線も飛行機も映画館も)

わすれじのレイド・バック

空港

泡沫

たんぽぽ
(ももとわたげを飛ばす幸せ)

Por Una Cabeza

SUBWAY
(お店の前を通ったらとりあえず買います)

銀杏紅葉

ジェットコースター



ビール

ルンバ
(この子はほんま出来る子)

バタフライ・エフェクト



もも
(好きすぎる)

モへヤ

夜行バス

スープ

プライベート・ベンジャミン
(永遠のバイブル(笑)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ





銀炎星

銀炎星





火の花

夢は逆夢

あたしの恋は炎星

あのひとに出会うためにここへ来た






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ





 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。