≪ 2017 01   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 - - - -  2017 03 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  
友の記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


遠い夜へよせて

遠い夜へよせて




その舟は
今どこをゆくのですか

桃色満月の夜
この浜を思い出したことはありませんか

冬尽く夜
私の歌は聞こえましたか

あいたいのです







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ



スポンサーサイト


拍手コメントありがとうございます

拍手コメントありがとうございます





1/11 Amur adonis に拍手コメントくださったF様
F様、いつもやさしいお言葉をかけてくださりありがとうございます。
ところで、F様のブログの帽子が道路に飛んでいってしまったお話
読んでハラハラしてしまいました!



1/13 三日月ブランコ に拍手コメントくださったN様
私もN様の少年のお話ににっこり!
(⌒ ー ⌒*)
かわいいのに勇ましくて



1/14 三日月ブランコ に拍手コメントくださったK様
ゾクッとなるほどですか?嬉しいなぁ~
しかし、オリオンにしっぽをつけて凧にして飛ばす
K様のアイデアには感嘆と同時に吹き出してしまいました(笑)
すばらしすぎる!(*`▽´*) おもしろすぎる!



1/19 草の唄 に拍手コメントくださったK様
K様の詩こそ、そうですよ。
うかがう度に新しい世界を見せてもらえるような・・・
知らなかったものの見方や考え方を教えてもらえるような・・・





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ





三日月ブランコ

三日月ブランコ




赤い尾ひれをつけた女の子がいました

アリスの森をかけ抜けると
ブランコの草原があります
女の子たちは
みんなみんなブランコに乗って楽しそう

だけど
赤い尾ひれの女の子のブランコは今日も動かない


ある日
ねこの耳をつけた女の子がブランコをおりてきて
魔法をかけてくれました

二文字のおまじまい
幸せのことば

するとどうでしょう

錆びてきしんだ重い鉄のブランコが
三日月のブランコに 生まれかわりました


そしてまたある日
白い羽をつけた女の子がブランコをおりてきて
ニッコリ笑って背中をおしてくれました

笑顔のしるし
柔らかい手

するとどうでしょう

あんなにふんばっても動かなかったブランコが
ふぅーわふぅーわと揺れはじめました


三日月ブランコ


泣き笑いで
転んで揺れて
3人で顔を見あわせて

遠いあの星を見上げた

三日月ブランコ






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






あれから時は過ぎ
星は流れました

ひらひらとしなっていた赤い尾ひれは
傷つきすり切れて千切れました

女はやせ細り年をかさねました

何年かぶりにおとずれた草原

オリオンの三つ星を見あげて
深呼吸をした

三日月ブランコ






にほんブログ村 ポエムブログへ





拍手コメントありがとうございます

拍手コメントありがとうございます






Amur adonis に拍手コメントくださったN様

忘れてただけかも( -_-)ジッ
ってその顔は何?( -""-;) むぅ
そそっかしくてこんな感じで365日暮らしているので
大変なんよー
(周りの人が(笑)




Amur adonis に拍手コメントくださったK様

詩の後のコメント的な文章にも注目してくださりありがとう
(⌒ ー ⌒*)
Kさんの詩はもちろん
普段の暮らしぶりがちらっとだけ見える文章もいいなぁー
と私も思っています




ヌケガラサンタ に拍手コメントくださったF様

うわぁーコメントくださるなんて
なんて嬉しい!!!(* ´ ▽ ` *)
嬉しすぎて受信したスマホを落っことしそうになりました
晴天で本当に佳き日になりましたよね
美容院も一緒に行かれたりとお二人の雰囲気が伝わってきて
本当に素敵






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ





拍手コメントありがとうございます

拍手コメントありがとうございます






わすれなすみれ に拍手コメントくださった方へ

ねーこのテンプレート。
すっごく好き。
鳥達は小鳥とかじゃなくてでっかい(笑)とこも
女の子が浅瀬に立っているとこも。

いなかった頃のずっとのイメージ・・・
うん。うん。
いろいろありがとう。

あっ。
この女の子で想像したらあかんあかん!
この女の子のウン十年後でもあかんのに(`∀´)






・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
にほんブログ村 ポエムブログへ





 ののみ

Author: ののみ

日々のこと
過去のこと

今日の私
あの頃の私

ゆっくりと綴っていきます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。